学校行かない選択をしている子供二人と私

楽しいことで生きていく! 今を大事に。 学校に行っていない小学生、中学生の子供と楽しく暮らすシングルマザーの日常です。

続:不登校児が参加した運動会  不登校小学生。

 2日前に、運動会に当日参加したことを書きました。

 

www.shibazakura.work

 

一緒の小学校に通っていないお友達のママ友たちから、『運動会いけたのかな?』と連絡もらいました。 私が、あったことを話すと どのお母さんからも、『行けて、参加できたならよかったね!』と言われました。 私の微妙な気持ちを話をすると、『その気持ち、わからなくてもないけどさ、素直にそこはよかった!でいいと思うよ。』と言われました。

 

『本人が、嫌々参加してすごい態度になったならともかく、頑張ったことにはかわらないんじゃない? 先生の気持ちとしてもみんな一緒に参加させたかったんじゃない?』 

 

『素直に喜んであげなよ!

素直に、素直に。。』

 

友達に言われた言葉で気が付いた。

 

私が、何よりいろいろ考えすぎて、気持ちで感じるのじゃなくて、頭で感情コントロールしていた。 感情をコントロールっていうより、気持ちOFF状態にしていなのかもしれない。  周りを気にしすぎている自分がいることをすごく感じた。 

 

今日、息子が1年ほどお世話になっている心理士さんにも、運動会のできごとを話した。 私の気持ちも。

そうしたら、

『それだけ、先生から信用されてたってことじゃない! すごいよ!』と息子を褒めていた。 『大成功してよかったねー!』 すごい笑顔で。

 

そうか、私になりなかったのはこの部分かも。

 

息子が、『休んでるこがいて、その子の代わりに土台になった。』と、聞いた。

ピンチヒッターだったんだ。 そして、本番前に一度だけみんなと練習したらしい。

 

息子はこういう報告は、日にちをあけてしてくれることが多い。

そして、私が見ていることは知らなかったって。 

仕事があるから、もしかしたら最後まで見れないかも。と言っていたので、見てくれてないかもと思ったらしい。 それでも頑張ったって思ったら、うれしくなった。

 

一番嫌だったのが、先生が親を気にして、親を喜ばせるために子供に出るように言うこと。 私のためだったら、嫌だなって思っていた部分もある。 それは違ったみたい。 

 

私がいろいろ考えたほど、息子にとっては大きなことでもなく、やってって言われたからやった。 ただそれだけ。 そして、楽しかった。 給食はおいしかった。 

でも、今週はもう学校に行かない。

 

そして、勉強家で頑張ろうと、今朝は朝勉強もしました。 

 

私より、息子のほうが 自分に素直なんだと感じた。

24カクさんが、前回のブログで書いてくださったコメント読んで、息子ってすごいかも。って曇りなく思えた。

 

気にしていないようで、実は一番 学校にいっていないこと とか、周りの目とか 気にしていた私がいたのかも。 と はっとした出来事でした。 

 

子供をもっと、信じよう。

そして、心をもっと動かそう。