学校行かない選択をしている子供二人と私

楽しいことで生きていく! 今を大事に。 学校に行っていない小学生、中学生の子供と楽しく暮らすシングルマザーの日常です。

不登校なことを祖父母に話をしてみた。

息子が学校にいっていないことは知っている祖父母(私の父と母)。

どれくらい行っていないかとかはわかっていないと思う。

行っていないよ。とはいっていたけれど、たまたま連絡来た時にたまたま学校にいっていることもあるので。 

林間学習には参加してるし、その準備のためその前は学校に行ったりもしていた。

今月末にある運動会、今年は出ないかもしれない運動会。

それを、どう伝えるか。 

悩んでこんな記事を書きました。

 

 

www.shibazakura.work

 

そこで、コメントもいただいて。

決心して、話をしました。

1 今年、運動会でるか、でないかわからないこと。

2 学校も二学期は一回も行っていないこと。

 

案の定、「いじめられたの?」 「勉強はどうしてるの?」 「私一人で、大丈夫なのか。」  などいろいろ聞かれました。

 

「私は大丈夫。子供たちも大丈夫。元気でやってるから大丈夫。ちゃんと考えているから大丈夫。」  ということを伝えました。

 

そう言ったって、やっぱり親は心配のようでしたが、、、「わかった。」

といって、数日後果物をたくさん送ってくれました。

元気ならいい。 

無理はしないように。(私は無理してしまう性格だって知ってるからだと思う)

っていうメッセージ。

 

口うるさく言われるのが、本当に嫌だったけど、

話をしてみたら大丈夫だった。

 

何から逃げたかったんだろう。私は。

 

そして、果物を送ってくれたこともありがたかった。

たくさん食べで、親子で元気がでた。

もっと元気が出た!

 

向き合ってみるのも大事だ。

血が繋がっているからこそ、言えないこともあったり、めんどくさかったり 煩わしかったりするときもあるけれど。

 

  

 

息子はアマゾンプライムビデオで不二子F不二雄先生に出会い、大ファンになりました。