学校行かない選択をしている子供二人と私

楽しいことで生きていく! 今を大事に。 学校に行っていない小学生、中学生の子供と楽しく暮らすシングルマザーの日常です。

学校に行った。 不登校中学生。

3ヶ月ちょっとお休みしていた学校。

急に、「明日学校行こうと思うけど、制服とか捨ててない?」と聞いてきた娘。

捨ててない?って、、ちょっと笑った。

捨ててはないよ! なんで捨てるのさ。 と思いつつ、、

「じゃ、出しておくね。お弁当はいるの?何時に行く予定?」

と聞いたら、午後から行くからお弁当は要らないと。

急に何か思ったのかもしれません。

なんで、行くの?

と聞くのもおかしな話なので、何があったかはふれず。

 

学校に行っていた時のように、ご飯を食べて制服を着て、持ち物揃えて出かけて、そして重たい荷物を持って笑顔で帰ってきました。

行きはぺちゃんこだったかばんが、たくさん入っていたので、何を持って帰ったか聞くと、「家で勉強できるように、教科書とか持ってきた。」と答えていました。

 

その日の夜も、「明日も行くね。家にいても暇だし。」と言っていましたが、

頑張ったのか、喉が腫れて熱がでて行けませんでした。

風邪がなおったら、また行くのかな。

 

本人のなかにいろいろ考えがあるようなので、適切なサポートができるように見守るに徹したいと思います。

 

制服姿を久々に見たとき、つい、「なんか中学生みたいだね。」と、わけわからないことをついいってしまい、「中学生やし。」と言われました。

f:id:shibazakuranezumi:20180921004743p:plain

 

小学校は、私服だったので 制服って、そう見えるんだと改めて思いました。

そして、やっぱり、制服姿ってかわいい。