学校行かない選択をしている子供二人と私

楽しいことで生きていく! 今を大事に。 学校に行っていない小学生、中学生の子供と楽しく暮らすシングルマザーの日常です。

欅坂46。娘が好きなもの。

f:id:shibazakuranezumi:20180823033815p:plain

中学生の娘は欅坂46が大好きです。

欅坂46の歌ばかり聞いています。 

リビングでテレビでDVD見ながら踊っています。

 

私の欅坂46の印象。

暗い!心が病んでいる感じの歌。 乃木坂が陽 で、欅坂が影 のような。

反大人社会。反圧力。理解者がいない。孤独。 

 

こんな歌詞、言葉が出てきます。 

  • 大人たちに支配されるな 
  • 上目づかいで媚びるために生まれてきたのか?
  • 大人は信じてくれない こんなに孤独でいるのに
  • 無責任な友達ごっこ

 

闇の言葉の印象で、 こんな歌ばっかり歌ってるから心が疲れるんだよー なんて、思っていました。 でも、好きなんだからしょうがない。 

私が、娘の好きをコントロールなんてできない。

 

今日、何年かぶりにカラオケに行きました。

そこで、欅坂のうたの歌詞をじっくり見ることに。

すごい、深い。

理解できる。

人間の暗い部分をうまく吐き出してくれている歌詞。でも、暗くて絶望的なだけではない。よく読むと、その中でも 自分は自分のままでいい。 という強いメッセージも感じられる。 

 

娘が、アンビンバレント や エキセントリック なんて、共感しかない。

って言っているのが理解できる。

 

世の中、 そのままの自分でよい と受け入れてくれる場所なんてそんなにない。

敵とか味方とか、そんなことは求めていない。

いろいろ考えると信じられなくなる。

裏切られるかもしれないなら、孤独でいるほうが楽なんだ。

でも、孤独でいるのは、辛い。

孤独でいたいけど、いたくない矛盾した気持ち。

消化しきれない気持ち。

そんなのが渦巻くのが思春期。 そんな気がする。

それを、代弁して歌ってくれている気がする。

欅坂、ただのアイドルグループだと、ちょっと甘く見ていた。 ごめんなさい!

 

 

闇のような歌詞の間から、でもそう辛いことを考えるのは、本当は人が大好きっていう気持ちが溢れているからのように感じる。 そして、それでいいんだよ。自由になりなよ。 大丈夫。って言ってくれている気がしてくる。 

 

 

欅坂48、可愛らしい女の子アイドルって枠を超えて、歌詞を味わうと ものすごくささる歌が多い。