学校行かない選択をしている子供二人と私

楽しいことで生きていく! 今を大事に。 学校に行っていない小学生、中学生の子供と楽しく暮らすシングルマザーの日常です。

お父さんはどう生まれる?

少し前に、テレビで国際弁護士山口真由さんが出ていた。 彼女は東大の大学院に入り直して、「どうやって父になるか?」を研究していると言っていました。 (もしかしたら、再放送かもしれないので もう卒業されているかもしれませんが)

 

1 男の人は、自分の子供が生まれたら自然に父性が芽生えるのか。

 

2 自分の子供でなくても、再婚相手の連れ子や養子を本当に大事に育てているお父さんもいる。

 

3 逆に自分の子供なのに愛情が持てない人もいる。

 

確かにそうですよね。(母親にも言えることかもですが)

 

 

そもそも、父親ってどういう役割をする人をいうのでしょうか。

考えて、考えて、、、、、うーん、、、

 

子供のいる男性。 

 

それ以外に、私は思い浮かばなかった。 

そう思ったら、誰でも子供を持ったら(血縁関係関係なく)父親なんだろうか。

 

昔だったら、働いて家族を養う という大きな仕事があったかも。

でも今は、奥さんが働いて、主夫の方もいる。 じゃぁ、家族をお母さんと一緒に支える人。っていうのも加えておこうか。

 

 

私は、(自分がどうしたらよかったのかも踏まえ)

「子育てに積極的な父親」について考えていこうと思う。

 

まず、育ってきた環境が大きいと思った。

子育てに積極的な父親のもとで育った男の人が、父親になった場合 子育てに積極的な父親になる。 これは多少あるだろう。 家族の見本が、自分が育ってきた環境になるのは自然なことだとも思う。 私の父は、子供好き。 たくさん遊んでくれたし、優しかった。その環境で育った私は、「父親は子供と遊ぶもの。」 と思っていた。

元旦那は母子家庭で育った。 だから、父親の見本がいない。 だから、関わり方がわからない。 なので、積極的に子供と関われないのだと思ったりもした。  でも、彼は、「子供は可愛いと思う。だから、遊びたいとか、関わろうとかは思わない。」 といっていた。 子供と別に関わりたくないのだ。 それでも父親だ! そこに、愛情が見えたら、それでもいいとも思いますが。

 

 

わたしの考えでは、「父親からも、子供は社会を学ぶ。だから、子供と関わって欲しい。」 

元旦那は、「父親はいなくても、子供は育つ。母子家庭で育った自分は不完全な人間とでもいいたいのか?」 と言っていた。

 

自分が育ってきた環境と違う家族の形を作ろうとすると、人は心が拒否するものなんだろうか。 私は、父親がいないならしょうがないけど、いるんだから父親らしく子供に関わってもらいたい。と望んだ。 でも、父親がいない環境で育った彼には、私がいう父親像が、父親の役割とは思えなかった。 父親が子供に関わらなくても、子供は立派に育つ! という主張は変わらなかった。 

 

確かに、母子家庭で育って立派に育っている人はたくさんいる。 母子家庭を否定したかったのではなく、 父親として子供に関わって欲しかった。 でも、私のこの 私の思う父親の役割 にものすごく嫌悪感を抱いていた。

 

彼の場合は、父親という役割 以前に、 家族とは? の概念も全く合わなくて、家族は壊れてしまいましたが。 

 

 

旦那は、奥さんが育てる。 とも時々聞きます。

じゃぁ、子育てに積極的なお父さんは、奥さんが育ててそうなったのか?

うーん、、多少、そういうのもあるかもしれないけれれど、周りの子育てに積極的なお父さん立ち見ていたら それも違うような。

 

子育てに積極的なお父さんは、生まれたのではなく、元から子育てに積極的になる性格だっただけ。 だから、生まれたんじゃなくって、 もとから、そういう要素があった。 んじゃないか。 が、私の結論かな。